• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材TECHNO-FRONTIER 2013 > 従来比で約30%小型化した車載リアクトルをNECトーキンが開発

TECHNO-FRONTIER 2013

従来比で約30%小型化した車載リアクトルをNECトーキンが開発

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/07/18 22:06
  • 1/1ページ
 NECトーキンは、同社従来品よりも同程度の特性を維持しつつ、体積を約30%小さくした車載用途向けリアクトルを開発し、「テクノフロンティア2013」(2013年7月17~19日、東京ビックサイト)に出展した。円筒型のもので比較すると、従来品では直径90mmで、高さは50mmだったが、開発品は直径80mmで、高さは43mmになった(直径と高さはいずれも標準値)。重さは従来の1.7kgから1.3kgに軽量化している。
【技術者塾】(5/23開催)
冷間鍛造・精密せん断・板鍛造の基礎と応用

~設計課題を解決する新しい金属加工法~


常温で金属に圧力をかけて、金型に沿った形状に加工する冷間鍛造・精密せん断・板鍛造は、材料の歩留まりが高く、高精度で高付加価値の形状を加工できます。これらの工法の基礎知識や応用例を得ることで、より低コストで高性能な部品の作製や調達が可能になります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月23日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ