機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

従来比で約30%小型化した車載リアクトルをNECトーキンが開発

根津 禎=日経エレクトロニクス
2013/07/18 22:06
印刷用ページ
 NECトーキンは、同社従来品よりも同程度の特性を維持しつつ、体積を約30%小さくした車載用途向けリアクトルを開発し、「テクノフロンティア2013」(2013年7月17~19日、東京ビックサイト)に出展した。円筒型のもので比較すると、従来品では直径90mmで、高さは50mmだったが、開発品は直径80mmで、高さは43mmになった(直径と高さはいずれも標準値)。重さは従来の1.7kgから1.3kgに軽量化している。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング