• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME3DプリンティングDMS 2013/M-Tech 2013/MEDIX 2013 > 【DMS展】キーエンス、3Dプリンタの新製品で造形品を使った試作評価の幅を広げる取り組みを実施

DMS 2013/M-Tech 2013/MEDIX 2013

【DMS展】キーエンス、3Dプリンタの新製品で造形品を使った試作評価の幅を広げる取り組みを実施

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/06/19 19:47
  • 1/1ページ
キーエンスは、2013年6月18日に発売した3Dプリンタの新製品「AGILISTA-3100」を、「第24回設計・製造ソリューション展(DMS 2013)」(同月19~21日、東京ビッグサイト)に出展した(図1)。1層分の厚みとなる紫外線樹脂を、溶かした状態でプリンタのヘッドからインクジェットプリンタのように吐出。それを紫外線を照射して硬化させてから次の層を積み重ねていく。いわゆるインクジェット方式の3Dプリンタだ。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓