家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【E3】PS4用カメラとコントローラなどを利用したAR技術デモをSCEが披露

根津 禎=日経エレクトロニクス
2013/06/13 15:19
印刷用ページ
図1 実演の様子
図1 実演の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 カメラに向かって手を振ると、キャラクターが振り返してくれる
図2 カメラに向かって手を振ると、キャラクターが振り返してくれる
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 PS4用コントローラ
図3 PS4用コントローラ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 コントローラ内にキャラクターがびっしり
図4 コントローラ内にキャラクターがびっしり
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 コントローラの動きに応じてキャラクターが移動
図5 コントローラの動きに応じてキャラクターが移動
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図6 キャラクターがコントローラ内から次々と出てくる
図6 キャラクターがコントローラ内から次々と出てくる
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図7 掃除機のようにキャラクターを吸い取ろうとしている場面
図7 掃除機のようにキャラクターを吸い取ろうとしている場面
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図8 タブレット端末でイラストを描いている
図8 タブレット端末でイラストを描いている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図9 描いたイラストを画面内に表示すると、キャラクターが反応する
図9 描いたイラストを画面内に表示すると、キャラクターが反応する
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図10 PS4用カメラ
図10 PS4用カメラ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、次世代の据え置き型ゲーム機「プレイステーション 4(PS4)」用のカメラとコントローラを利用したAR(拡張現実感)技術の実演を報道機関向けに披露した(図1)。PS4を接続したディスプレイにゲーム・キャラクターとカメラで撮影した実写映像を重ねて表示し、ユーザーの動作に応じて、キャラクターの動きが変化する。例えば、ユーザーが手を振ると、キャラクターも手を振って応えてくれる(図2)。

 PS4用コントローラ「DUALSHOCK 4」は、前面にタッチ・パッドを、上部側面にLEDを利用した「ライトバー」を新たに備えている点が特徴の一つ(図3)。今回の実演で利用したアプリケーション・ソフト(以下、アプリ)「THE PLAYROOM」には、白い小人のようなキャラクターがコントローラ内に複数存在している、というコンセプトの動作モードがある。

 ディスプレイに表示される映像は大別して2種類ある。前述のAR映像と、コントローラ内部と、その内部に存在するキャラクターを描いたCG映像である(図4)。CG映像の場面では、ディスプレイにはコントローラを上下左右に動かすと、その動きをコントローラ内部のモーション・センサなどで検知し、その結果に応じてキャラクターがあちこちに移動する(図5)。コントローラを上下左右に激しく動かすと、キャラクターも上下左右に激しく飛び交う。

 コントローラ内部のCG映像を表示している段階で、コントローラのタッチ・パッドを指で触れて前方にスライドさせると、AR映像に切り替わる。さらにタッチ・パッドに指で触れて前方にスライドさせると、コントローラ内にいたキャラクターが次々とコントローラの外に出てくる(図6)。画面内のキャラクターを足で蹴飛ばすと、四方に散っていくなど、あたかも実際にキャラクターに触れているかのような演出を盛り込んでいる。なお、一度コントローラの外に出したキャラクターは、タッチ・パッドをクリック(押し込む)ことで、掃除機のように吸い取ってくれる(図7)。

 タブレット端末も利用可能。タブレット端末で描いたイラストを送信して、立体物としてディスプレイに表示できる(図8、9)。この立体物が映像に表示されると、キャラクターが群がったり、遊びだしたりする。こうした双方向性のある演出によって、AR映像をさらにリアルにしている。

 PS4の専用カメラ「PlayStation 4 Eye」は、カメラ・モジュールを2個備えており、この2個のカメラで撮影した映像を基にして、距離を算出できる(図10)。ただし、今回の実演では、各カメラを別の用途で利用している。1個はコントローラのライトバーの2次元の位置検出に、もう1個は画像認識に用いているという。それぞれのカメラで習得したデータを基に、カメラ映像とCGを重ね合わせてディスプレイに表示している。

 筆者が実際に試した限り、アプリの完成度は高いと感じたが、このアプリを実用化するかどうかは、「まだ決まっていない」(説明員)という。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング