• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスCOMPUTEX 2013 > 【COMPUTEX】台湾Realtekが4Kテレビ向け低コストSoCを披露、日本や中国のTVメーカーが採用

COMPUTEX 2013

【COMPUTEX】台湾Realtekが4Kテレビ向け低コストSoCを披露、日本や中国のTVメーカーが採用

  • 大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
  • 2013/06/07 09:00
  • 1/1ページ
 台湾のファブレス半導体メーカーであるRealtek Semiconductor社は、4K×2K(4000×2000画素級)映像に対応するインターネット接続型(スマート)テレビ向けのSoC「RTD2995」を、「COMPUTEX TAIPEI 2013」(2013年6月4~8日、台湾・台北市)で披露した。LVDS(Low-voltage differential signaling)インタフェース用のコンバージョン機能などをSoCに取り込み、外付けのチップを使わずに4Kパネルを直接駆動できるようにしたことが特徴である。既に日本や中国のテレビ・メーカーへの採用が決まっており、近く量産を開始するという。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓