家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】Yota Devices、背面にE Inkを採用した両面スマホを展示

山口 健太=Windows Phoneジャーナリスト
2013/03/01 19:09
印刷用ページ
写真1●両面ディスプレイの「YotaPhone」
写真1●両面ディスプレイの「YotaPhone」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
写真2●正面からは一般的なAndroidスマートフォンに見える
写真2●正面からは一般的なAndroidスマートフォンに見える
[クリックすると拡大した画像が開きます]
写真3●背面にはE Ink液晶を備える
写真3●背面にはE Ink液晶を備える
[クリックすると拡大した画像が開きます]
写真4●時計、バッテリ残量、着信通知などの表示に活用できる
写真4●時計、バッテリ残量、着信通知などの表示に活用できる
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ロシアのYota Devicesは、2月25日よりスペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2013」のブースで、背面にE Inkディスプレイを搭載した2画面のAndroidスマートフォン「YotaPhone」を展示した(写真1)。

 YotaPhoneは、一般的なスマートフォンと同じ、4.3インチ・1280×720ドットの液晶パネルを備えたAndroidスマートフォン(写真2)。しかし端末背面に4.3インチの電子ペーパー「E Ink」を搭載しているのが特徴(写真3)。液晶画面を上から下にスワイプする操作で、表示中の画面内容をE Inkに送ることができる。

 E Ink画面の具体的な用途としては、時計、バッテリ残量、着信通知などの表示に活用できる(写真4)。それ以外に、電子ブックリーダーや、Googleマップなどの地図、買い物メモなどを想定しているという。E Inkはモノクロの画面となるが、画面内容を保持するために電力を消費せず、書き換えもわずかな電力で可能となっている。「地図や買い物メモのように、同じ画面を表示させた状態で端末を持ち歩きたい場合に便利。バッテリを節約するために、いちいち画面をオフにする必要がない」(ブース担当者)と説明する。

 E Ink画面はタッチ操作には対応しないものの、画面下部を横にスワイプする操作によりページめくりなどの基本的な操作が可能となっている。そのため、「電子ブックリーダーとしても使える。スマートフォンと電子ブックリーダーを別々に持ち歩く必要がない」(ブース担当者)とメリットを語った。

 外形寸法は67×131×9.9mmで、2画面を搭載するにも関わらず一般的なスマートフォンの厚さを実現。重量も140gと標準的。OSにはAndroid 4.2を採用。プロセッサはデュアルコアのSnapdragon MSM8960を搭載、メモリは2GB、ストレージは32Gバイトまたは64Gバイトモデルをラインナップする。通信はLTE、NFCに対応する。2013年内にロシアで発売。日本を始めとする他の地域への展開も検討している。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング