ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【MWC】ロシアのヨタデバイシズ、液晶と電子ペーパーの2画面搭載スマホを出展

バッテリー消費を気にせず電子書籍が読める

松元 英樹=日経パソコン
2013/03/01 18:41
印刷用ページ
表側の液晶ディスプレイの画面
表側の液晶ディスプレイの画面
[クリックすると拡大した画像が開きます]
裏側の電子ペーパー画面
裏側の電子ペーパー画面
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ロシアのヨタデバイシズは、2013年2月25日から28日までスペイン・バルセロナで開催されている「Mobile World Congress 2013」で、表に液晶ディスプレイ、裏に電子ペーパーを搭載したスマートフォン「YotaPhone」を公開した。普段は普通のスマートフォンとして使い、メールやSNSの新着情報を確認したり、電子書籍を読んだりするときは電子ペーパーの画面を使うことでバッテリー消費を抑制できるという。

 液晶ディスプレイは1280×720ドットの4.3型。裏側の電子ペーパーも4.3型だ。電子ペーパーは待受時に時計、天気、メールやSNSの新着情報などを表示可能。一般的なスマートフォンでは、各種の情報を確認するときに、電源ボタンを押し、パスワードを入力するなどしてロックを解除するといった手間がかかる。その点、YotaPhoneでは、電子ペーパーに表示されているのですぐに見られる。電子ペーパーは電力を消費せずに同じ画像を表示し続けられるので、バッテリーはあまり消費しない。

 電子ペーパーには、電子書籍も表示できる。ただし、電子ペーパーはタッチ機能を搭載していない。ページをめくるなどの操作は、画面下のスペースに配置されたタッチセンサーを使う。重量は140g。2013年後半からロシアやヨーロッパ、米国などで販売する予定。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング