• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスISSCC 2013 > 【ISSCC】KAISTなどが“CDMA技術”を活用し、タッチ・パネルの応答速度と雑音耐性を向上

ISSCC 2013

【ISSCC】KAISTなどが“CDMA技術”を活用し、タッチ・パネルの応答速度と雑音耐性を向上

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/21 16:12
  • 1/1ページ
 韓国KAISTと韓国Zinitix社は、静電容量式タッチ・パネルの応答速度と雑音耐性の向上につながる技術を開発し、「ISSCC 2013」で発表した(講演番号22.5)。タッチ・センサを構成するトランスミッション・ライン(Txライン)すべてを同時に駆動することにより、雑音耐性を高めるために個々のトランスミッション・ラインのセンス時間を長くしても、パネル全面のセンシング時間が増えないようにした。30×24のマトリクスで構成されるタッチ・パネルを240フレーム/秒で走査した場合に、55dBという良好なS/N比が得られた。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ