• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスISSCC 2013 > 【ISSCC】KAISTなどが“CDMA技術”を活用し、タッチ・パネルの応答速度と雑音耐性を向上

ISSCC 2013

【ISSCC】KAISTなどが“CDMA技術”を活用し、タッチ・パネルの応答速度と雑音耐性を向上

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/21 16:12
  • 1/1ページ
 韓国KAISTと韓国Zinitix社は、静電容量式タッチ・パネルの応答速度と雑音耐性の向上につながる技術を開発し、「ISSCC 2013」で発表した(講演番号22.5)。タッチ・センサを構成するトランスミッション・ライン(Txライン)すべてを同時に駆動することにより、雑音耐性を高めるために個々のトランスミッション・ラインのセンス時間を長くしても、パネル全面のセンシング時間が増えないようにした。30×24のマトリクスで構成されるタッチ・パネルを240フレーム/秒で走査した場合に、55dBという良好なS/N比が得られた。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓