• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマISSCC 2013 > 【ISSCC】オリンパスが積層型CMOSセンサを開発、動きの速い被写体の撮影に対応

ISSCC 2013

【ISSCC】オリンパスが積層型CMOSセンサを開発、動きの速い被写体の撮影に対応

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/21 15:21
  • 1/1ページ
 オリンパスは、動きの速い被写体の撮影に適した積層型CMOSイメージ・センサを開発し、「ISSCC 2013」で発表した(講演番号27.3)。自社の医療機器や映像機器などへの搭載を見込んでいる。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓