• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計ISSCC 2013 > 【ISSCC】富士通研究所、プロセサ間で32Gビット/秒の高速伝送を実現できる送受信回路を開発

ISSCC 2013

【ISSCC】富士通研究所、プロセサ間で32Gビット/秒の高速伝送を実現できる送受信回路を開発

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/18 09:00
  • 1/1ページ
 富士通研究所および米Fujitsu Laboratories of America社は、次世代サーバー向けマイクロプロセサ間などのデータ通信において、32Gビット/秒の高速伝送を可能とする送受信回路技術を開発した。これまでプロセサ間のデータ通信速度は数G~十数Gビット/秒だったため、約2倍の高速化を達成したことになる。2014年以降の実用化を目指す。「ISSCC 2013」で3件の関連発表を行う[講演番号2.1、2.5、2.7]。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ