• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりnano tech 2013 > 【ナノテク展】東芝、NANDフラッシュへの適用を視野に自己組織化現象を利用したリソグラフィ技術を紹介

nano tech 2013

【ナノテク展】東芝、NANDフラッシュへの適用を視野に自己組織化現象を利用したリソグラフィ技術を紹介

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/01 21:55
  • 1/1ページ
 東芝は、高分子の自己組織化現象を利用して微細なパターンを形成するDSA(directed self-assembly)と呼ぶリソグラフィ技術を、「nano tech 2013(第12回 国際ナノテクノロジー総合展)」(東京ビッグサイト)に出展した。ブースでは、コンタクト・ホールへの応用事例を紹介した。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓