• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIEEE MEMS 2013 > 【MEMS 2013】狭き門をくぐったのは306論文、MEMS学会が開幕

IEEE MEMS 2013

【MEMS 2013】狭き門をくぐったのは306論文、MEMS学会が開幕

  • 三宅 常之=Tech-On!
  • 2013/01/21 01:56
  • 1/1ページ
ウェルカム・レセプションの様子。会場はTaipei International Convention Center
ウェルカム・レセプションの様子。会場はTaipei International Convention Center
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 MEMS(微小電子機械システム)に関する最大の学会「IEEE MEMS 2013(The 26th IEEE International Conference on Micro Electro Mechanical Systems)」が、2013年1月20日、台湾・台北で始まった。今回は、776件のアブストラクトの投稿があり、66件のオーラル・セッションと240件のポスター・セッションの合わせて306件が採択された。パリで開催された2012年の採択論文は343件だった(関連記事1関連記事2関連記事3関連記事4)。

 今回のオーラル・セッションは、20件がシングル・セッション、46件が2セッションを並行させるパラレル・セッションとなる。この学会は、広範な分野をどの参加者も聴講できるようにすべてのオーラル・プレゼンテーションをシングル・セッションで進める伝統があったが、第23回(2010年、香港)で初めて一部をパラレル・セッションとした。今回、パラレルとシングルを組み合わせる第23回が好評だったことを踏まえ、上記のスタイルを採用している。共同議長は、京都大学の土屋智由氏と、台湾の国立精華大学(National Tsing Hua University)のGwo-Bin Vincent LEE氏である。

 参加者は、事前の申し込みベースで600人近くであり、当日の申し込みを含めると600人を超えそうだという。開催地は、第3回目以降、米国、アジア、欧州をほぼ規則的に回っている。アジアでの開催地は、当初は奈良、大磯、名古屋、宮崎、京都、神戸と日本のみだったが、2010年の香港、2013年の台湾と、日本以外が続いた。次回の2014年の開催地は、今回の学会の開催期間中に発表予定である。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ