• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器2013 International CES > 【CES2013】「サードパーティと共に開拓」「半年ごとに進化」、ソニーのUX戦略を聞く

2013 International CES

【CES2013】「サードパーティと共に開拓」「半年ごとに進化」、ソニーのUX戦略を聞く

  • 菊池 隆裕=日経コミュニケーション
  • 2013/01/15 15:29
  • 1/5ページ
写真1 ソニー グローバルセールス&マーケティング本部 UX・マーケティング戦略部門長の小林弘明氏(左から2人目)、VAIO & Mobile事業本部 企画2部 統括部長の石井眞氏(右から2人目)と、「Multi-Screen UX Competition 2013」を担当するグローバルセールス&マーケティング本部 UX・マーケティング戦略部門の加藤圭一氏(左端)、VAIO & Mobile事業本部 企画2部 UX企画2課の柿田新次郎氏(右端)
[画像のクリックで拡大表示]

 2013年1月8~11日に米国ラスベガスで開催されている「2013 International CES」では、現在開催中のコンテスト「Multi-Screen UX Competition 2013」のコーナーが、協賛社であるソニーブース内に設けられている。同コーナーには、コンテストへの先行応募からの選抜作品として、「wePoker」「Toneconnect」「Seconds」「Beatrobo」「Thuuz」「Toon Goggles」の6作品が出展されている。各アプリ/サービスの詳細は別途紹介するが、ここでは、ソニーのUXの戦略に携わる小林、石井、加藤、柿田の4氏に、今回のコンテストの開催背景にとどまらず、同社のUX戦略を聞いた(写真1)。

今回のCESでは、UX(顧客体験)の開発コンテスト「Multi-Screen UX Competition 2013」の協賛企業として、サードパーティのアプリをソニーブース内で紹介しています(写真2)。この活動を始めることになった背景を教えてください。

写真2 2013 International CESにおける「Multi-Screen UX Competition 2013」のサードパーティ・コーナー
[画像のクリックで拡大表示]

小林 2011年の夏に、UXを主軸に商品を企画する「UX・商品戦略本部」が発足しました。この本部で企画や設計部門が準備を進めてきましたが、2012年9月にベルリンで行われたIFAから今回のCES2013にかけて世の中に成果を出していく段階に入り、マーケティングもそれに合わせて部署を作ろうということになりました。このタイミングで、コンテストの開催を考えました。

石井 2012年の初頭、2012年のIFAを起点に、半年ごとのソニー横串のUXの進化を定義しました。社内でも、半年ごとに成果を出していくことをコミットしました。

 ソニー横串のUXの例として、昨年のIFAでは「One-touch」などをデビューさせて、今回のCESではさらに「One-touch」によるUXを増やし、「One-touch Mirroring」などを発表しました。

 また、今回のCESでは、ソニーのマルチスクリーンのシグネチャアプリ(ソニー純正アプリ)として、昨年のIFAで発表したWalkmanアプリ、Movieアプリ、Albumアプリ、Socialifeアプリに加え、新たにTV SideViewアプリといった、スマートフォン、タブレット、VAIO、テレビを組み合わせたアプリを用意しました。

おすすめ