家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES2013】東芝がHDD故障検知を組み込んだソリューションを展示

山口 健太=Windows Phoneジャーナリスト
2013/01/15 15:26
出典:ITpro、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
写真1●Toshiba Smart Client Managerの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、2013年1月8日から米ラスベガスで開催中の「2013 International CES」において、企業向けの情報システム管理ソリューション「Toshiba Smart Client Manager」(以下TSCM)を展示した(写真1)。

 TSCMは、IBMのシステム運用管理製品「Tivoli」をベースに、東芝がカスタマイズを施したもの。現バージョンのTSCMでは、情報セキュリティやBYOD(私物デバイス管理)、省電力管理に関する機能を提供していたが、そこにHDDの故障予知機能を組み込む。新バージョンの提供は2013年中を予定しているという。

 新機能のHDDの故障予知とは、SMART情報によるバッドセクター数の変動などを定期的に収集し、東芝のHDD事業で蓄積してきた独自の判断基準にもとづいて、故障時期を予知するというもの。HDDが故障する例として、短期的要因ではノートPCの落下によるプラッタへのヘッドの接触が、長期的要因でにはスピンドルモーターの劣化が挙げられるという。とはいえ、「落下による衝撃でバッドセクターができても、その後は無事に動き続ける場合もある。そういった例外的なケースも、東芝が蓄積してきたデータで適切に判断できる」(ブース説明員)と説明した。

 CES2013の東芝ブースでは、実際に寿命の近づいたHDDを接続することで、管理者にアラートを送信するというデモを行っていた(写真2写真3)。

写真2●複数のHDDを用いたデモ
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●管理ツールのデモ
[画像のクリックで拡大表示]

 デモでは、クライアントPCから送信されたアラートを確認したシステム管理者は、データバックアップを促すメッセージを手動でクライアントに送信していた。実際には大量のクライアントPCを効率的に管理する必要があるため、「ユーザー企業で利用しているバックアップソフトウエアに合わせて、東芝が自動化処理をカスタマイズして納品する」(ブース説明員)とのことだ。

 HDDの故障直前にデータのバックアップを取ろうとすると、バックアップ中に故障する恐れがあるため、故障を予知した時期から余裕をもってアラートを送信しているという。Ultrabookなど、SSDを採用したPCが増加しているが、「SSDについても対応を進めている。書き換え回数などを監視することで、故障を予知できる」(ブース説明員)と説明した。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング