• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器2013 International CES > 【麻倉怜士CES報告7】Blu-ray Disc Association、4K×2K対応Blu-ray Discの技術検討を開始

2013 International CES

【麻倉怜士CES報告7】Blu-ray Disc Association、4K×2K対応Blu-ray Discの技術検討を開始

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2013/01/11 15:09
  • 1/1ページ

 Blu-ray Discの規格制定団体「Blu-ray Disc Association」(BDA)が、次世代の4K×2K対応Blu-ray Disc(BD)の規格制定に向けて動き出した。BDAで複数の新規プロジェクトの検討テーマの一つとして取り上げられ、容量、コーデック、著作権保護などの個別のサブジェクトの検討が始まると見られる。

 ハリウッドのスタジオによって4K×2Kに対する空気が異なるのが現状であり、スタジオとの具体的な協議はこれからだ。しかし、この「International CES」での4K×2Kテレビの盛り上がりを目の当たりにして、彼らも真剣に取り組まなければならないと認識してきた。DVD、BDの規格制定時と同じく、今後はスタジオから要望事項を出してもらう方向だ。新フォーマットの設定目標スケジュールなども検討対象である。コーデックは現行のAVCだけでなく、次世代のHEVCも採用候補だ。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓