家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES 2013】Qualcommが4K対応の「Snapdragon 800」搭載スマホを披露、HD動画処理を実演

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2013/01/10 06:30
印刷用ページ
Snapdragon 800シリーズを搭載したスマートフォンの試作機
Snapdragon 800シリーズを搭載したスマートフォンの試作機
[クリックすると拡大した画像が開きます]
HD動画処理を実行して画面に表示した。LTEの高速伝送に対応できることを示している。
HD動画処理を実行して画面に表示した。LTEの高速伝送に対応できることを示している。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
タブレット端末の試作機。高精細ゲームの処理を実行している
タブレット端末の試作機。高精細ゲームの処理を実行している
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Qualcomm社は、同社の次世代マイクロプロセサ「Snapdragon 800シリーズ」を搭載したスマートフォンを試作、「2013 International CES」の会場で披露した。

 Snapdragon 800は、クアッドコア構成のマイクロプロセサで、4KのHD映像を処理できるほか、最大150Mビット/秒のLTE通信に対応する。会場ブースでは、3本の1080p画質のHD動画ストリームと、Webブラウジングのデータを同時に処理する様子を示した。モニターの画面では、120M~130Mビット/秒という実効的な伝送速度が表示されていた。Snapdragon 800シリーズのチップを搭載した端末は、2013年後半にも登場するという。

 このほか、Snapdragon 800を搭載したタブレット端末も見せた。これを使い、高速のグラフィックス演算が可能なことを示すため、高精細のゲーム処理を実行する様子を示した。Snapdragon 800の最大動作周波数は2.3GHzだが、試作したタブレット端末は最大1.5GHzで動作させていた。端末の電池駆動時間を延ばすため、各CPUコアの動作を制御することで、消費電力を低減したりできるという。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング