• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器2013 International CES > 【CES 2013】レンズ一つで3Dを撮れるSamsungの交換レンズ、やはり液晶シャッターを採用

2013 International CES

【CES 2013】レンズ一つで3Dを撮れるSamsungの交換レンズ、やはり液晶シャッターを採用

  • 大槻 智洋=NE特約記者、台北科技市場研究
  • 2013/01/10 01:53
  • 1/1ページ
図1
図1
[画像のクリックで拡大表示]
図2
図2
[画像のクリックで拡大表示]
図3
図3
[画像のクリックで拡大表示]
図4
図4
[画像のクリックで拡大表示]
図5
図5
[画像のクリックで拡大表示]

 1つのレンズ・ユニットで2D撮影と3D撮影を切り替えられる韓国Samsung Electronics社の交換レンズは、小型液晶パネルを内蔵していた(図1)。時分割で右目用と左目用の画像/映像を取得するためである。

 Samsung社のミラーレス機用交換レンズ「NX 45mm F1.8 2D/3D」は、レンズ・ユニットの最後端に小型液晶パネルを備えており、それは二つの窓(光の通り道)を持つ。3次元画像/映像における右目用の窓を開き、左目用の窓を閉じれば、撮像素子の撮像部全体に右目用の窓を通過した光が当たる。左右の窓の切り替え頻度は60Hz。このため30フレーム/秒の3次元映像の撮影が可能になる。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ