家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES 2013】“Androidミラーレス”が登場、Polaroidが初披露

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2013/01/10 01:01
印刷用ページ
図1 Android OSを搭載するミラーレス・カメラ「iM1836」
図1 Android OSを搭載するミラーレス・カメラ「iM1836」
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米国ラスベガスで開催中の民生機器の展示会「2013 International CES」(開催期間:2013年1月8~11日)の会場に、Android OSを搭載するミラーレス・カメラが登場した(図1)。「Polaroid」ブランドの「iM1836」である。開発したのは米Sakar International社で、Polaroidブランドの使用ライセンスを得て製品に仕上げた。

 iM1836は「Android 4.1」(Jelly Bean)を搭載する(図2)。「Android OSを搭載するミラーレス・カメラは世界で初」(Sakar International社)という。無線LAN機能も内蔵しており、Android OSのアプリケーション ソフトウエア(以下、アプリ)の追加および、アプリを経由して撮影した画像をSNSへ投稿するといった利用ができる。2013年第1四半期に発売する予定という。価格は、焦点距離10~30mmでF値3~5.6のズーム・レンズを付属して399米ドル。

 外観デザインは、ニコンのミラーレス・カメラ「Nikon1 J」シリーズとうり二つ。だが、交換レンズ接続規格(マウント)は「独自品」(Sakar International社)という(図3)。発売に合わせて、オリンパスやパナソニックなどが採用するマウント「マイクロフォーサーズ」の交換レンズを利用できるように、マウント・アダプタも提供する方針。

 撮像素子は1810万画素のCMOSイメージ・センサを搭載する。撮像素子の大きさは明らかにしておらず、展示品を確認する限りコンパクト型デジタル・カメラと同等の小型品のようだ。

図2 液晶ディスプレイの表示画面
図2 液晶ディスプレイの表示画面
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 交換レンズを外した状態
図3 交換レンズを外した状態
[クリックすると拡大した画像が開きます]
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング