家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES 2013】シャープ、4Kテレビを2機種を発売、モスアイは2014年

大槻 智洋=NE特約記者、台北科技市場研究
2013/01/09 01:48
印刷用ページ
図1 ICC PURIOS
図1 ICC PURIOS
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 THXの認証を受ける
図2 THXの認証を受ける
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 AQUOS ULTRA HD
図3 AQUOS ULTRA HD
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 3D表示が可能
図4 3D表示が可能
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 縦方向の解像度を向上
図5 縦方向の解像度を向上
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図6 米国における2013年の一部ラインアップ
図6 米国における2013年の一部ラインアップ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 シャープは、2013年に4K(Ultra HD)対応テレビを2機種米国で発売する。「2013 International CES」に合わせた記者会見で述べた。一つは、日本で2013年2月から販売する「ICC PURIOS」を2013年夏に売り出す(図1~2)。日本では262万円。もう一つは、「AQUOS ULTRA HD」(図3~4)。2013年後半発売する。ICC PURIOSと同じ60型で、Integrated Cognitive Creationと呼ぶ画像処理機能を搭載しない。想定価格は未定とした。

 「CEATEC 2012」で大きな関心を集めた「モスアイ(蛾の目)」フィルムを備えた機種は2014年に発売する。また同年には、次世代「クアトロン」を備えた機種も市場投入する。垂直方向においてサブピクセルを分割制御することで「パネルの画素数がフルHDのままで表示品質が高まる」(シャープ、図5)。

 記者会見では、60型以上の大型テレビの販売量が2012年に前年の2倍に増えたことを強調した。「60型以上ではトップシェア。画面の大きさがもたらす迫力を、より多くの家庭に届けたい。2013年は40%成長させる」(シャープ)。

 2013年3月以降、北米で発売する機種には表示モード「Wallpaper」「Super Bright」を搭載する(図6)。前者の消費電力は「非常に低く、本物の絵画と同じ明るさ」という。後者ではバックライトの輝度を従来より50%高めつつソフトウエアも改善して、ユーザーに明るさを印象付ける。このほか、画面を左右に分割し、片方でテレビ映像、もう片方でWebページを表示することもできる。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング