家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士CES報告4】「4Kテレビは2Kテレビだ」

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2013/01/07 23:56
印刷用ページ
新エンジンの効用という。
新エンジンの効用という。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「グローバル・トレンドである大型化と、東芝ならではの最高画質を両立させ、大画面を強化したい」――。東芝が「2013 International CES」(米国ラスベガス、2013年1月8~11日)の開催に先立って現地時間の1月6日に開催した、日本人記者を主に対象とした会見で、東芝 デジタルプロダクツ&サービス社 社長の深串方彦氏が語った言葉である。この言葉は、非常に戦略的な意味を含んでいる。

 なぜなら、「4K×2K放送がないのに、なぜ4K×2Kテレビを出すのか」という批判に答えているからだ。東芝の考えはこうだ。

 「4K×2Kテレビは、もちろん4K×2Kコンテンツを映すものだ。しかし、フルHD環境では優れたアップコンバートと高画質技術を使えば“最高のフルHD画質”が得られる。4K×2Kコンテンツはほとんどないが、それは気にしない。フルHDの最高のテレビとして、いま4K×2Kテレビはそこにある存在だ」。

 東芝は戦略的にフルHD環境で4K×2Kを活用するのである。4K×2Kを技術でなく、マーケティングとして捉える発想だ。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング