• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIEDM 2012 > 【IEDM】SSDを高速・低電力に、NAND並みの大容量PRAMに向けた素子技術をLEAPが開発

IEDM 2012

【IEDM】SSDを高速・低電力に、NAND並みの大容量PRAMに向けた素子技術をLEAPが開発

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/11 09:30
  • 1/1ページ
 超低電圧デバイス技術研究組合(LEAP)は、NANDフラッシュ・メモリ並みに大容量なPRAM(相変化メモリ)の実現につながる記憶素子技術を開発した(論文番号31.4)。データセンターなどで使われるSSDの記憶媒体をNANDフラッシュ・メモリからPRAMに置き換えることで、SSDを高速・低電力化することを狙う。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ