• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIEDM 2012 > 【IEDM】SSDを高速・低電力に、NAND並みの大容量PRAMに向けた素子技術をLEAPが開発

IEDM 2012

【IEDM】SSDを高速・低電力に、NAND並みの大容量PRAMに向けた素子技術をLEAPが開発

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/11 09:30
  • 1/1ページ
 超低電圧デバイス技術研究組合(LEAP)は、NANDフラッシュ・メモリ並みに大容量なPRAM(相変化メモリ)の実現につながる記憶素子技術を開発した(論文番号31.4)。データセンターなどで使われるSSDの記憶媒体をNANDフラッシュ・メモリからPRAMに置き換えることで、SSDを高速・低電力化することを狙う。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ