• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計IEDM 2012 > 【IEDM】スマホ向けプロセサの消費電力を1/3に、東芝がSTT-MRAMによるSRAM代替に道

IEDM 2012

【IEDM】スマホ向けプロセサの消費電力を1/3に、東芝がSTT-MRAMによるSRAM代替に道

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/10 04:00
  • 1/1ページ
 東芝は、スマートフォンやタブレット端末などに搭載するマイクロプロセサのキャッシュ・メモリに向けたSTT-MRAM(スピン注入磁化反転型MRAM)の基盤技術を開発した。動作時のエネルギーを従来のSTT-MRAMに比べて約1/30に低減できる。この成果により、キャッシュ・メモリを不揮発にすることで動作時以外は電源をオフにする、いわゆるノーマリオフ動作の本来のメリットを引き出せるようになるという。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ