• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIEDM 2012 > 【IEDM】スマホ向けプロセサの消費電力を1/3に、東芝がSTT-MRAMによるSRAM代替に道

IEDM 2012

【IEDM】スマホ向けプロセサの消費電力を1/3に、東芝がSTT-MRAMによるSRAM代替に道

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/10 04:00
  • 1/1ページ
 東芝は、スマートフォンやタブレット端末などに搭載するマイクロプロセサのキャッシュ・メモリに向けたSTT-MRAM(スピン注入磁化反転型MRAM)の基盤技術を開発した。動作時のエネルギーを従来のSTT-MRAMに比べて約1/30に低減できる。この成果により、キャッシュ・メモリを不揮発にすることで動作時以外は電源をオフにする、いわゆるノーマリオフ動作の本来のメリットを引き出せるようになるという。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ