• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスITC(International Test Conference)2012 > 【ITC 2012】アドバンテスト、8Gビット/秒と高速のピン・エレクトロニクスをCMOSで実現

ITC(International Test Conference)2012

【ITC 2012】アドバンテスト、8Gビット/秒と高速のピン・エレクトロニクスをCMOSで実現

  • 小林春夫=群馬大学、ITCアジア委員
  • 2012/11/19 17:44
  • 1/1ページ
高性能ピン・エレクトロニクス回路をCMOSで実現・実用化するのは、LSIテスター(半導体試験装置)メーカーの回路設計技術者の夢だった。CMOS回路は特性バラつきが大きかったり、電流駆動能力が小さかったりするなどの課題があり、高性能ピン・エレクトロニクス回路を実現するのが非常に難しい。「ITC(International Test Conference) 2012」で、その夢を実現したという発表をアドバンテストが行った。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓