• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスITC(International Test Conference)2012 > 【ITC 2012】10年で1000倍を達成、テストパターン圧縮技術が想定通りに発展

ITC(International Test Conference)2012

【ITC 2012】10年で1000倍を達成、テストパターン圧縮技術が想定通りに発展

  • 平出貴久=富士通研究所、ITCアジア委員会委員
  • 2012/11/12 16:56
  • 1/1ページ
今からちょうど10年前の「ITC(International Test Conference) 2002」の際に、テスト・パターン圧縮に従事している技術者が集まり、パターン圧縮率の限界が討論された。その後、この技術は非常にホットな話題となるのだが、10年前はまだ出始めの頃で、夜明け前といった状況だった。10年前の議論では「1000x:1000倍の圧縮」が一つの目標であると口にする技術者が多かった。そして10年後の「ITC 2012」(2012年11月4日~9日に米国カリフォルニア州Anaheimで開催)では、その目標はほぼ達成されたと言えるようになった。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ