新時代の事業開拓者をつなぐコミュニティー
 
波長が大事

波長が大事

“開発の鉄人”がこっそり教える虎の巻 #015

多喜 義彦=システム・インテグレーション 代表取締役
2014/08/06 00:00
印刷用ページ
イラスト:ニシハラダイタロウ
[画像のクリックで拡大表示]

 「波長が合う」と言うことがある。何かしら気が合ったときや、仕事を一緒にしていて妙に上手く行ったときに、「あなたとは波長が合いますね」という具合に使う。

 さて、波長とは電磁波や音波などの波動で、波の山から次の山、または谷から次の谷までの水平距離のことを言う。しかし、人間が電波を発するわけはないのに、このように電波で交信しているかのように感じるのはなぜだろう。最近、こんなことがあった。

 地方で知り合った、中小企業診断士の方である。「今度、地元企業の方々で事業組合を作ることになり、自分はそこの監査をすることになったのだが、多喜さんにその支援機関となって欲しい…」との依頼である。

 そこの地域には何の縁もゆかりもない私に、何でそのような大事な話が来るのか、とりあえず「私より他の方がいらっしゃるでしょうに」と断ると、「だって波長が合うのは多喜さんですから」と言われてしまったのである。こう言われると、二つ返事でやるしかない。波長が合うと言われれば、やるしかない。「波長が合う」は、私にとっては殺し文句なのだ。

 大袈裟に言えば、私は、この人と付き合うか付き合わないとか、その判断基準は波長であると思っている。なにっ、そんな単純なことで他人を判断してよいのか、そう言われる方も多いだろうが本当だ。これまでそうして来て間違いはなかったし、これしかないと思うのだ。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング