• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業異業種連携 > リアル開発者のカタチ

連載主旨
 「リアル開発者」とは、イノベーションを成し遂げようとする人物である。そこに向かうために何が必要か。まずは、多くの成功や失敗を経験してきた先人に学ぶ姿勢が大切だろう。新しいビジネスモデルを現場で先陣を切ってつくり上げてきたリアル開発者には、それぞれ「型」がある。そのカタチを見極めることが、社会に変革をもたらす新事業の実現につながっていく。

 このコラムでは、さまざまな業界のリアル開発者たちに、自らの事業開発の流儀、その発想の原点にあるカタチを語ってもらう。大企業の経営で新境地を切り開こうとする者、誰も思いつかなかった画期的な技術を新産業に結び付けようとする者、オープンイノベーション時代のプロジェクト開発を支援する者など…。立場は違っても、大事を成し遂げた人々には一本筋の通ったストーリーがある。

記事一覧

メンバー募集中

 「リアル開発会議」は、広くビジネスモデルや技術を募る“オープンイノベーション”と、日本の製造業が得意とする“すり合わせの技術”を融合させた新事業開発プロジェクトです。新たに三つのテーマについて2016年から始動するため、1月と2月に説明会を予定しています。さまざまな分野の企業が得意な技術や知恵を持ち寄って新しいモノやサービスを生み出そうとするプロジェクトに、皆さんも参加してみませんか。

▼▼「リアル開発会議」について詳しく知りたい方は >>> こちら

おすすめ