お薦めトピック

日本発・医療機器開発促進のために(3)

日本市場をよく研究している米国企業

2014/03/24 10:30
久保田 博南=ケイ・アンド・ケイジャパン 代表取締役社長(医工連携推進機構 理事)

 医療機器の世界において、「なぜ米国企業に太刀打ちできないのか」という議論がなされて久しい。長い間、日本市場を見てきたものとして、一つのショッキングなデータを示して、何らかの活路を見出すきっかけにしたい。

何かの間違いかと疑いたくなるデータ

 PMDA(医薬品医療機器総合機構)のWebサイトにあるデータには、ときとして衝撃的な事実を突き付けられることがある。

 このWebサイトには「業者一覧」というページがあり、医療機器の添付文書が企業ごとに公開されている。以下に示すグラフは最新(2014年3月22日現在)のもので、日本における医療機器の公開数を上位10社に限定して抜き出してみた結果である。

図:筆者が作成
[画像のクリックで拡大表示]

 並べ替えてみてびっくりしたのは、上位10社のうち米国企業の日本市場への進出ぶりが並大抵のものでないという事実を知ったことだ。

 こうした事情を分析するには、機種ごととか、目的別とか、もっとじっくりと詳細を見つめてみないと正確なことが言えない。だが、大数の法則というのがあり、全体的な数字の示す事実が大きな過ちの結論を導く原因になるとも思えない。

 日本企業に関しては、診断器は強いが治療器は弱いとも言われ続けている。とはいえ、この数字が示すのは、そんな単純なことではないだろう。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング