• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス台湾・中国 中根レポート > AUO社の4Q業績は辛くも営業黒字、次の関心は大型パネルで中国との競合

台湾・中国 中根レポート

AUO社の4Q業績は辛くも営業黒字、次の関心は大型パネルで中国との競合

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2014/02/13 12:00
  • 1/5ページ

 台湾TFT液晶パネル最大手の一角を占めるAUO社(以下「同社」)は、2014年1月27日、2013年第4四半期(4Q)決算説明会を実施した。連結売上高は、対前年比(YOY)+3%で対前四半期比(QOQ)-4%の1027億300万NTドルと、QOQで減収だった。売上高総利益は76億5600万NTドル(同+369%、-25%)、営業利益10億7500万NTドル(同 黒字転換、-68%)、当期利益10億8100万NTドル(同黒字転換、-57%)。売上高総利益率QOQ-2.1%ポイント低下の7.5%。営業利益率はQOQ-2.1%ポイント低下の1.0%となった。

 4Qの出荷量(面積ベース)は、QOQ+5%と四半期別では過去最高の出荷面積となった。大型パネルは出荷数量QOQ+3%と事前予想(QOQ-8~-9%「high single digit % down」)を上回り、中小型パネルも出荷数量QOQ-7%と事前予想(QOQ-10%台の減少)を上回った。面積ベースでの平均単価(ASP)はテレビ向けパネル価格の下落の影響が最も大きく、QOQ-9%低下した。在庫はQOQ-9%(3Qの415億1100万NTドルから4Qに375億9800万NTドル)、在庫回転日数は38日(3Qは39日)と、過去4年で最も低水準となった。

 アプリケーション別の売上高構成比は、テレビ向け44%(3Qは44%)、ノートパソコン/タブレット向け17%(同17%)、モニター向け15%(同15%)、コンシューマ向け(中小型)16%(同18%)、その他8%(同6%)である。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ