デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 
Apple製品の生産動向、5s増産/5c減産/iPad Air好調/iPad mini陰り

Apple製品の生産動向、5s増産/5c減産/iPad Air好調/iPad mini陰り

中根 康夫=ドイツ証券
2013/12/19 06:00
印刷用ページ

 米Apple社の主要製品の生産動向を紹介する。

 バリューチェーンから見た「iPhone 5/5s/5c」の2013年第3四半期(3Q)における推定生産台数は2700万~3000万程度だったと見ている。7月時点での推定生産見通し(3800万~4000万)と比べると大幅な未達に終わった。

 新型の旗艦機種「iPhone 5s」が、指紋認証や関連ソフトなどの遅れが最後までボトルネックとなって、組立開始のタイミングが当初想定の7月から8月後半へと大きく遅れた。その結果「5s」は発売開始後、供給数量が需要に追い付かず増産モードが続いている。4Qの生産は当初の3000万台程度から4000万台程度に目標が引き上げられた(部品需要はそれ以上)と見ている。

 部品供給や歩留まりの観点から、目標通りの生産ができるのか否かに注目していた。バリューチェーンの動きを見る限り、10月以降の生産は立ち上がってきた感がある。4Qの生産が4000万台にまで達するのかは不透明であるものの、近くに達しそうである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング