• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

第16回 Bluetoothのはなし(2)

佐々木 勇治=サイレックス・テクノロジー
2013/11/15 00:00
1/5ページ

 Bluetooth 4.0 は 2011 年 6 月に公開された、現時点における Bluetooth の最新仕様です。4.0 の特徴は「Low Energy(LE)」と「アトリビュート(ATT)」という仕様を取り入れたことですが、今回はこの2点に重点を置いて解説します。

Bluetooth のバージョンと仕様について

 まず明らかにしておきたいのは、「Bluetooth Low Energy(LE)」と「Bluetooth 4.0」という用語の定義は同じではない、ということです。「Bluetooth LE」は Bluetooth 4.0で新たに追加された新しい通信方式ですが、「Bluetooth 4.0」は以前の Bluetooth バージョンの仕様のすべて(2.1で追加された高速モードのEDRや、3.0で追加された超高速モードHSも)を含んでいいます。つまり「Bluetooth X.X」という表記はプロトコル仕様であってハードウエア仕様を示すものではなく、ハードウエア拡張仕様についてはバージョンの後に付く「EDR」とか「HS」とか「LE」によって示されるのです。例を挙げると
「Bluetooth 1.2」...1Mビット/秒のBluetooth(BDR)
「Bluetooth 2.1」...1Mビット/秒のBluetooth、SSPペアリングなどの拡張仕様に対応
「Bluetooth 2.1+EDR」...上に加えて2Mビット/秒/3Mビット/秒のEDR高速モード対応
「Bluetooth 3.0+EDR」...上に加えて拡張省電力モード(EPC)などに対応
「Bluetooth 3.0+HS」...上に加えてWiFi利用の超高速モード(HS)に対応
「Bluetooth 4.0+HS」...上に加えてGATTアトリビュートに対応
「Bluetooth 4.0LE」...GATTアトリビュートに対応、LEモードに対応(ただし、この表記からBDR/EDR対応状況は読み取れない)

 ややこしいですね。この対応関係は2.1(+EDR)までは比較的シンプルだったのですが、モードの増えた3.0以降でだんだん曖昧となり、「Bluetooth 3.0」を名乗っていてもHSどころかEDRにも対応していない製品もあります。4.0仕様のフルスペックになるとPHY層だけで4種類も(BDR、EDR、HS、LE)あり得るわけで、単に「Bluetooth 4.0対応」とだけ書かれても、どの通信モードに対応しているのか分かりません。だからといっていちいち全スペック並べて「Bluetooth 4.0LE+EDR+HS」と書くのもまどろっこしいです。

 Bluetooth SIGでも、これが問題だと考えたのか「Bluetooth SMART」(LE単機能デバイス)と「Bluetooth Smart Ready」(LEとレガシイBluetoothの両方に対応したデバイス」という用語を作って普及に努めています。なお、「レガシイBluetooth」というのは正式な用語ではありませんが、この記事中では2.1以前のBDR/EDR Bluetoothのことを便宜上そう呼ぶことにします。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング