機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

セルロース・ナノファイバー(CNF)

自動車を20kg軽くできる新素材、サンプル出荷始まる

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2013/10/08 00:00
印刷用ページ

 植物繊維をナノレベルまで微細化することで得られる枯渇の懸念のない植物由来の繊維。それがセルロース・ナノファイバー(CNF)だ(図1)。

セルロース・ナノファイバー(CNF)
図1●セルロース・ナノファイバー(CNF)
直径数十nmのCNF。写真:星光PMC

 密度は鉄鋼の1/5。それでいて強度が同5倍以上という軽くて強い繊維だ。しかも、熱による寸法変化もガラスの約1/50と小さい。これを樹脂に添加することで、軽量・高強度で熱による寸法変化の小さな複合材料(CNF強化樹脂)を実現できると期待されている。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によると、このCNFを樹脂に均一に分散させることで、樹脂の強度を3~4倍に高め、かつ熱による寸法変化を2割程度に抑えることが可能。自動車の車体重量のうちの約9%(約110kg)を占めるとされる樹脂部材をCNF強化樹脂で置き換えれば、約20kgの軽量化を実現できるという。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング