デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 
大型液晶パネルの2013年需要予想を引き下げ、ドイツ証券

大型液晶パネルの2013年需要予想を引き下げ、ドイツ証券

中根 康夫=ドイツ証券
2013/09/03 06:00
印刷用ページ

 ドイツ証券は、2013年の大型パネル需要の予想を下方修正した。面積成長率を当初の対前年比(YOY)+3.7%から+3.2%へと引き下げた。今回は、ノート・パソコンとタブレットを引き下げて、モニターとテレビについては修正していない。

 最終製品については、セルイン・ベ-スでノート・パソコンは1億7400万から1億6300万(YOY-19%、パネル・ベースでは1億8500万から1億7600万)。モニターは1億5000万(オールインPCの1600万を含む、パネル・ベースでは-11%の1億6100万)、テレビは2億1200万(パネル・ベースでは+3%の2億2900万)、タブレット・パソコンは2億2500万から2億2000万(YOY+52%、パネル・ベースで2億3800万)である。

 一方、2014年については、ノート・パソコンの予想を引き下げた以外は現状維持、テレビは2013年の年初想定を大きく下回る欧州、一部の新興国での需要回復、および平均サイズの上昇を想定しており、テレビで+8.8%の面積成長、全体でも6.6%の面積成長を予想する。

生産・稼働予想、高稼働維持も後工程の調整でお茶濁す状態

 7月の当社推定稼働率(G5以上、面積ベース、分母はその月に投入可能な最大生産能力)は86%(韓国89%、台湾87%、日本74%、中国91%)と6月の85%から若干上昇している。2013年のドイツ証券の生産予想は9月以降の生産調整の可能性を織り込みYOY+9.0%から+7.6%へ引き下げるが、依然として需要予想はYOY+3.2%に対して高く、3~4Qにさらなる下方修正リスクがある。需給を均衡状態に戻すには、3Qと4Qは当社予想から数%ポイント低い稼働率に調整する必要があると見ている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング