• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新実践! 進化型すり合わせ開発 > 第5回:機能の実現手段の検討(1)~差別化領域の見極め~

実践! 進化型すり合わせ開発

第5回:機能の実現手段の検討(1)~差別化領域の見極め~

  • 矢吹 豪佑=iTiDコンサルティング マネージングコンサルタント
  • 2013/09/05 00:00
  • 1/6ページ

 前回は、進化型すり合わせ開発の進め方「V字プロセスとRFLP〔R:要求(Requirement)→F:機能(Function)→L:論理(Logical)→P:物理(Physical)〕」のうち、F:機能の明確化について説明しました。今回からは2回に渡って、機能(働き)の実現手段である部品や要素技術をどのように検討し、システム構成を決めていくかのポイントを説明します。

機能の実現手段の検討とは

 今回から解説するステップの具体的なイメージをつかんでいただくために、ハイブリッド自動車を例に挙げて説明します。機能の明確化では、要求に応えるために「直流を交流へ変換する」「電力を駆動力に変換する」といった機能とその入出力を整理し、それぞれの目標値およびその伝達フロー(例:電力○○[kwh]をトルク◇◇[N・m]に変換する流れ)が物理や化学の原理原則(方程式など)に基づいて論理的に成り立っているかを机上で検証してきました。

 これに対して、機能の実現手段の検討は、「“インバータ”で電力を変換する」「“モータ”で電力をトルクに変換する」という具体的な部品や方式を考え、目標値達成が可能なシステムの構成を決めていく段階です(図1)。

機能の実現手段検討イメージ
図1●機能の実現手段検討のイメージ
【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格である、新しい要求分析手法「ニーズとものをつなぐQFD手法」のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ