• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新実践! 進化型すり合わせ開発 > 第5回:機能の実現手段の検討(1)~差別化領域の見極め~

実践! 進化型すり合わせ開発

第5回:機能の実現手段の検討(1)~差別化領域の見極め~

  • 矢吹 豪佑=iTiDコンサルティング マネージングコンサルタント
  • 2013/09/05 00:00
  • 1/6ページ

 前回は、進化型すり合わせ開発の進め方「V字プロセスとRFLP〔R:要求(Requirement)→F:機能(Function)→L:論理(Logical)→P:物理(Physical)〕」のうち、F:機能の明確化について説明しました。今回からは2回に渡って、機能(働き)の実現手段である部品や要素技術をどのように検討し、システム構成を決めていくかのポイントを説明します。

機能の実現手段の検討とは

 今回から解説するステップの具体的なイメージをつかんでいただくために、ハイブリッド自動車を例に挙げて説明します。機能の明確化では、要求に応えるために「直流を交流へ変換する」「電力を駆動力に変換する」といった機能とその入出力を整理し、それぞれの目標値およびその伝達フロー(例:電力○○[kwh]をトルク◇◇[N・m]に変換する流れ)が物理や化学の原理原則(方程式など)に基づいて論理的に成り立っているかを机上で検証してきました。

 これに対して、機能の実現手段の検討は、「“インバータ”で電力を変換する」「“モータ”で電力をトルクに変換する」という具体的な部品や方式を考え、目標値達成が可能なシステムの構成を決めていく段階です(図1)。

機能の実現手段検討イメージ
図1●機能の実現手段検討のイメージ

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓