電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

モーション・センサに浸透するTSV実装

Jean-Christophe Eloy=President & CEO, Yole Developpement社
2013/07/18 07:00
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 スマートフォンや他の消費者向けモバイル機器に使用されるセンサの市場が急速に成長している。これは、MEMSパッケージ・ビジネスの大きな成長を意味している。このビジネスは、もうすぐIC市場の5%を占めることになるかもしれない。

 需要は加速度センサとジャイロスコープ(角速度センサ)、磁力センサ、マイクに集中していて、それらは全てのMEMSデバイスの出荷台数と収益の50%を占めている。このことは、いくつかのMEMSパッケージ技術に重要な役割を与えることになる。メーカーがプロセス技術で競争するのではなく、機能やシステムで競争するようになる中で、パッケージ寸法を小さくし、コストを抑えるようになるからだ。

 MEMSパッケージ市場の規模は、2012年時点で16億米ドルだった(同年の出荷台数は70億個)。今後、平均の年間成長率(CAGR)で20%成長し、2016年までに140億個の規模になるだろう。しかし、価格低下圧力と、低価格の消費者向け製品が主流であることによって、収益は最大で10%ほどのCAGRとなり、26億米ドル程度にとどまるだろう。MEMSパッケージの成長率は、ICパッケージ市場の成長率の2倍になるだろう。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング