• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材キーワードで読み解く最新トピック > ホットプレス材

キーワードで読み解く最新トピック

ホットプレス材

クルマの燃費向上を下支えする、軽量化部材

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/07/09 00:00
  • 1/3ページ

 車体を軽量化するために、日本国内向けの自動車で近年採用が増えてきているのが、ホットプレス材である。例えばホンダは、2011年11月発売の軽自動車「N BOX」で、センターピラー*1の補強部材に日本国内向けのホンダ車として初めて同材を採用した(図1)。その軽量化効果は、2kgという。

図1●日本国内向けのホンダ車として初めてホットプレス材を採用したホンダの軽自動車「N BOX」
センターピラーの補強部材にホットプレス材を使う。
[画像のクリックで拡大表示]

*1 センターピラー 前部座席と後部座席のそれぞれのドアの間にある支柱のこと。

 ホンダは、N BOX以外の国内向けホンダ車にも、ホットプレス材の採用を広げている。2012年11月発売の軽自動車「N-ONE」や2013年6月21日発売の新型ハイブリッド車「アコード ハイブリッド」などだ。N-ONEではセンターピラーの補強部材に、アコード ハイブリッドではセンターピラーの補強部材とサイドシル*2の一部に同材を使い、車体の軽量化に役立てた(図2)。

図2●センターピラーの補強部材とサイドシルの一部にホットプレス材を採用したホンダの新型ハイブリッド車「アコード ハイブリッド」
[画像のクリックで拡大表示]

*2 サイドシル 前部座席と後部座席のそれぞれのドアの真下にある敷居のようなフレームのこと。

 マツダも、ホットプレス材の適用に積極的な自動車メーカーの1つだ。例えば同社では、2012年2月発売の新型SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)「CX-5」の、前後のバンパビーム*3にホットプレス材を採用している(図3)。使用したのは、強度が1800MPa級のホットプレス材。これほど高強度なホットプレス材の自動車への採用は、世界でも例がなかった。同社はこれにより、4.5kgの軽量化を図ったとしている。

図3●強度が1800MPa級のホットプレス材をバンパビームに採用したマツダの新型SUV「CX-5」
[画像のクリックで拡大表示]

*3 バンパビーム バンパの内側に設置して衝突時の車体の損傷を低減させる部材のこと。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓