ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

ミラーレス・カメラ

銀塩カメラの名残を省いて小型軽量化、カメラ戦国時代のキッカケに

高橋 史忠=Tech-On!
2013/07/03 00:00
印刷用ページ

 韓国Samsung Electronics社が2013年6月に海外で発表したデジタル・カメラが、業界関係者の関心を呼んでいる。レンズ交換式のデジタル・カメラで、いわゆる「ミラーレス・カメラ」と呼ばれる分野の新機種だ。

 搭載した機能は、カメラとしてはかなり意欲的である。

 無線LANに加え、第3世代(3G)とLTEの移動通信機能を搭載。ソフトウエア基盤は「Android 4.2」で、1.6GHz動作のクアッドコア・プロセサを採用した。背面は、ほぼ全面が液晶パネル(4.8型)だ。タッチパネル操作で電子メールや地図といった「アプリケーション・ソフトウエア(アプリ)」を利用できる。

Samsung Electronics社が2013年6月に発表したミラーレス・カメラ「GALAXY NX」。ソフトウエア基盤として「Android 4.2」を搭載。背面の液晶パネルでスマホのように操作できる。LTEや3Gの移動通信機能を備える。本体の外形寸法は、136.5mm×101.2mm×25.7mm。
[画像のクリックで拡大表示]

 形状はカメラだが、心臓部と操作性はスマートフォン(スマホ)やタブレット端末と同じ。カメラの皮をかぶった携帯型の通信端末といったところか。Samsung社の狙いは、容易に想像できる。カメラ市場の競争軸を、同社が得意なスマホと同じ方向に変えることだ。

カメラ市場拡大の期待を一身に集める

 携帯端末や薄型テレビで日本メーカーを追い抜き、引き離したSamsung社も、なかなか思った通りに世界一を獲得できていない分野。それがデジタル・カメラである。特にレンズ交換式の一眼レフ・カメラの分野では、キヤノンとニコンという日本の2強が立ちはだかる。

 一般にミラーレス・カメラは、レンズ交換式の一眼レフ・カメラが備えている機械式の主要機構部を省いた機種を指す。小型軽量のレンズ交換式カメラを実現するため、カメラ・メーカーのノウハウの塊である主要機構を持たない。この特徴は新規参入組のメーカーにとって、デジタル・カメラの世界に新しいパラダイムを持ち込む好機と目されている。

 3年前の2010年にドイツで開催された世界最大規模のカメラ関連の展示会「photokina」。そこでSamsung社は「2012年に世界一のカメラ・メーカーになる」と宣言した。

 その時に語った予定からは遅れているものの、期限となる2年後の同展示会でSamsung社は新しい方向性を打ち出した。それがカメラにAndroidを搭載する「スマホ化」である。最初のAndroid搭載機はコンパクト・カメラだったが、今回同社はレンズ交換式のミラーレス・カメラにも同じ戦略を取り入れた。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング