半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
TSMCは4月も好調、低価格スマホ需要が想定超え

TSMCは4月も好調、低価格スマホ需要が想定超え

中根 康夫=ドイツ証券
2013/06/04 13:00
印刷用ページ

 台湾の前工程ファウンドリでは、TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing 社)の3013年4月の売上高が、YOY(対前年比)+23.5%、MOM(対前月比)+13.5%の500億7100万NTドルと、ドイツ銀行(以下、「当社」)の予想線(MOM+8~+10%)を上回った。上振れ要因は、ミドルあるいはロ-エンドのスマ-トフォン向け需要が想定を上回っているためである。

 TSMCは、2Q(第2四半期)と3QともにQOQ増収基調を継続し、28nmプロセス全体の売上高に占めるhigh-k/メタル・ゲ-ト採用製品の割合が増加し、利益も尻上がりに増加すると予想している。2Q売上高の事前予想(1540億~1560億NTドル)達成に必要な5~6月の売上高は、1カ月当たり519億6400万NTドル(MOM+4%程度)となる。

UMCは1~4月累計売上高がYOY+7%

 UMC(United Microelectronics社)は、102億8100万NTドル(YOY -0.8%、MOM+7.1%)と、当社の予想(MOM+6~+8%)範囲内だった。 2Q売上高の事前予想(QOQ +12~+14%)達成に必要な5~6月の売上高は104億~107億NTドル程度/月(MOM+1~+4%)。当社では5月の売上高をMOM+1~+3%、2Q売上高についてはQOQ+14%と予想している。下期には同社の28nmプロセスの歩留まりは、50~60%水準への改善を想定するが、そのレベルに達しない場合は、TSMCとGLOBALFOUNDRIES社に水をあけられるリスクがあると見ている。

 UMCは、中国蘇州に200mm工場を擁するHe-Jian Technology(和艦科技) を子会社にする。He-Jian Technologyは元々同社の中国進出のために設立された会社と言われている。当時は台湾当局が台湾半導体メ-カ-の中国工場進出を禁止していたため、設立当初は「現地企業」として運営されていた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング