設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

計算機は計算ミスを起こすんです

東京大学先端科学技術研究センター教授の西成活裕氏の講演から(4)

2013/04/17 00:00
印刷用ページ
東京大学先端科学技術研究センター教授の西成活裕氏

 ここからは、直感的にまず「こうだろう」という当たりをつけるセンスというか、数学力というものがいかに大切かというお話をしたいと思います。

今からゲームをやります

 最近の風潮として、計算機がとてもパワフルになっていますから、分からなければ計算機に全部ぶっこんで出てきた結果をそのまま使おうということがあります。それが、いかに危険か。それを分かってもらうために私がやっているのが、「計算機は計算ミスを起こす」という、ここで紹介する授業です。大学1年生向けの一番初めにやる授業です。

 今からゲームをやります。0~1の間で好きな小数を思い浮かべてください。例えば、0.1とかです。そして、その思い浮かべた数字が0.5より小さい時は2倍してください。思い浮かべた数字が0.5以上であれば、2倍して2から引いてください。その後は、計算結果が0.5より小さい時は2倍、0.5以上なら2倍して2から引くという計算をずっと繰り返してください。そんなゲームです(スライド1)。

スライド1
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、最初に0.1と思い浮かべます。そうすると、これは0.5より小さいから2倍します。0.2です。次にまた同じことをやります。0.2は0.5よりまだ小さいですから2倍します。0.4ですね。0.4はまた0.5より小さいので2倍します。0.8は今度は0.5よりでかくなったんで、2倍して2から引くと、「2-1.6」ですから0.4ですね。再び0.5より小さくなったんで2倍しますから0.8ですね。あれっ? 0.8はさっきやったなということで、後は0.8、0.4、0.8、0.4とずっと繰り返しになるんです、無限に。というふうになるはずなんですが、これを計算機でやるとそうはならないんです。例えば何でもいいですけど、エクセルでやります。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング