• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 機動力がものをいう時代 だからグローバル統合BOM

連載主旨
日本企業が海外に設計や生産の拠点を置くことは当たり前の時代になった。それに伴い、グローバルに分散した設計・生産拠点をいかに機動的に活用できるかが重要になってきている。海外市場には多くの競合メーカーがひしめき、市場やビジネス環境はかつてないほどのスピードでめまぐるしく変化している。その中で競争に勝ち残っていくためには、変化をいち早く読み取って機動力高く立ち回っていくことが重要だからだ。そして、グローバルに分散する設計・生産拠点の機動力を高めるものとして、近年期待されているのが「グローバル統合BOM」である。設計情報がひも付いたBOMを部門や拠点の枠組みを超えて管理・共有することで、拠点間の機動的連携を可能とするものだ。本コラムでは、そうしたグローバル統合BOMが求められる理由と、グローバル統合BOMの全体像や構築に必要な取り組み、およびその構築のメリットについて紹介する。
川島 宏之 (かわしま ひろゆき)
Tech-On!特約ライター
外資系精密機器会社にて生産設計、生産技術、生産管理に従事。SI会社にてPLMのコンサルティング、システム導入を担当。コンサルティング・ファームで製造業におけるPLM、SCM関連のコンサルティングを手掛けた後、BOMをベースとした多角的な業務改革に関わる。

記事一覧

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓