技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

吉川 良三氏(東京大学 大学院 経済学研究科 ものづくり経営研究センター 特任研究員)<下>

極端な話,コストダウンをするなと言いたい

内田 泰, 佐伯 真也
2013/02/27 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2010年5月3日号 、pp.100-101 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 日本のエレクトロニクス・メーカーがうらやむほどの高収益企業に成長した韓国Samsung Electronics社。吉川氏は,1994年から約10年,同社に常務として在籍し,韓国がIMF(国際通貨基金)の管理下に入ったどん底の時期から,世界の優良企業へ発展する様をつぶさに見てきた。その目に現在の日本メーカーはどう映るのか。同氏が鳴らした警鐘を紹介する第2回。(聞き手は内田 泰,佐伯 真也)

─日本製品はなぜ,過剰品質に陥ってしまうのか。

よしかわ りょうぞう 1964年に日立製作所に入社し,CAD/CAMシステムに向けたソフトウエア開発に従事。1989年に日本鋼管(現JFEホールディングス)へ移り,エレクトロニクス本部開発部長として,次世代CAD/CAMシステムの開発を手掛けた。1994年からSamsung社の常務として,CAD/CAMを中心とした開発革新業務を推進。帰国後,2004年から現職。(写真:中村 宏)

 同じ製品分野に多くのメーカーが存在しているため,日本国内で激しい競争が起こる。他社が少しでも性能を強化すると,これに対応した製品を出す。加えて,日本メーカーが掲げる品質は,「静かさ」や「耐久性」など,語尾に“さ”や“性”が付く定性的な表現が多い。このような品質は追い求めてもキリがない上,開発コストの増加につながるだけだ。

 日本メーカーの多くは,他社との価格競争に陥ると,機能を増やして価格下落を抑える戦略を採っている。その後,コスト面で立ち行かなくなるとその事業から徹底する。

 極端な話,コストダウンをするなと言いたい。メーカーが付けた価格が,ユーザーにとって価値があるものであれば高くても売れるからだ。コストダウンしなければ勝てないなら,その事業から撤退すべきだ。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング