技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

21世紀考―13.文化―

新 誠一=電気通信大学教授
2013/02/05 07:00
印刷用ページ

 21世紀考も前回で12回、一巡した。二巡目は「技術が変える文化」という観点で進めたい。どうも技術者は謙虚すぎる。悪く言えば視野が狭い。文化は技術と関係ない世界と思っている。ところが、技術が文化を作っている。

 引き籠り、現在の大きな問題の一つである。小学高高学年になればクラスに何人か引き籠もる子が出てくる。引き籠ったまま年齢を重ねている人もいる。昔は引き籠もれなかった。これは技術革新が引き起こした現象である。ちまたでは、学校の問題、家庭の問題と捉えられている。それはその通りだが、技術変化を直視しなければ解決策には至らない。

 まず、日本は高温多湿である。盛夏に引き籠もるにはエアコンが不可欠である。昔は一家に一台のエアコンが夢であった。「3C」とも呼ばれ、カラー・テレビ、車と並んでエアコンが三種の神器と呼ばれた。ところが、現在は部屋ごとにエアコンが設置されている。子供に個室を与え、エアコンを設置した。これで引き籠もりの環境が整った。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング