家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ソニー、許すまじ(上)

高橋 史忠=Tech-On!
2013/01/30 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2001年12月17日号 、pp.197-199 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 松下電器産業(現パナソニック)が1998年2月に発売した液晶パネル付きの携帯型DVDプレーヤ「DVD―L10」。「持ち歩いて映像を見るユーザーなんていない」という周囲の声が強い中,新しい分野を切り開いた。「映像を持ち歩く」というユーザー体験は,スマートフォンやタブレット端末で“いつでもどこでも”動画配信を楽しむ現在の生活スタイルに脈々と続いている。新分野を築き上げた製品開発の裏には,ある男の執念があった。

「何で負けるんや」

 この丸いディスクを見るたびに,そのセリフを思い出す。あれから,10年以上の月日が経過したというのに。

 負け戦と勝ち戦。

 その両方を経験した。

 だが,勝利の酔いは醒めやすく,敗北の屈辱感はいつまでも心の襞から離れない。

「長かった…」

 1998年,新幹線の車中。春色が漂い始めた車窓の景色を頬に感じながら,何度反復してみたか分からない光景を今日も脳裏に映し出していた。

携帯型DVDプレーヤ開発の歴史
CD:compact disc  CES:Consumer Electronics Show  DVD:Digital Video Disc
[画像のクリックで拡大表示]
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング