• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりエディターズ・ノート > 日本企業が海外拠点で開発した“逆転”旋盤

エディターズ・ノート

日本企業が海外拠点で開発した“逆転”旋盤

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/01/10 08:50
  • 1/1ページ
 少し旧聞に属する話ですが、「第26回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2012)」(2012年11月1~6日開催、東京ビッグサイト)で、ヤマザキマザックのブースで最も人を集めていたのは、刃物が動く旋盤「ORBITEC 20」でした(図1、2)。普通の旋盤は、高速で“自転”するワークに刃物を当てて削りますが、ORBITEC 20では固定したワークの周りを高速で刃物が“公転”することで削ります。つまり、動くものと止まっているものの関係が逆転しています。
【技術者塾】(8/24開催)
車載用樹脂製品のための樹脂材料の勘所



自動車部品に多く使われる樹脂材料を採り上げ、その基礎知識だけでなく、演習を通じて実務に役立つ実践力の習得を狙います。事例には、多くの自動車部品を採り上げて理解を深めます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 8月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓