• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりパナソニックが挑む、パラレルリンクで生産革新 > 第2回:教示が簡単だから自動化が進む

パナソニックが挑む、パラレルリンクで生産革新

第2回:教示が簡単だから自動化が進む

パラレルリンクロボットの開発思想と概要

  • パナソニック モノづくり本部 パラレルリンクロボットプロジェクトチーム
  • 2013/01/24 00:00
  • 1/4ページ

 前回は、今なぜ、人手に依存した生産システムからの脱却が必要とされているのか、それに置き換わるものとしてパナソニックがどのような生産システムの実現を目指しているのか、について解説した。今回は、そうした生産システム(マシンセルシステム)を実現するために我々が開発したパラレルリンクロボットについて、その開発思想と概要を解説する。

複雑な動きも手づたえで簡単教示

 熟練作業をロボットで自動化する。そのために、我々がロボットの開発に当たって重視したのは、次の3点である。①熟練作業を真似できるだけの動作自由度があること、②短時間に簡単に熟練作業をロボットにプログラミングできること、③安全であること、である。

 従来の一般的なロボットでは、動作の軌跡となるポイントを1点1点教示し、ポイントとポイントの間の動かし方をロボット言語で記述することによって作業を実現している。配線の取り回しや立体面へのシートの貼り付け、フレキシブル基板(FPC)をはわせながらの挿入など、熟練が必要な作業の中には動作が複雑で、従来の方法では到底教示する気にならないような作業があり、自動化の実現が困難だった。我々は、これらの作業を短時間に簡単にプログラミングできるようにすることを目指し、作業をロボットに直感的に転写し得る「手づたえ教示」、すなわち人がロボットの手先を直接持って操作し、その際の動作を記録できる機能の実現を目指した。

 人がロボットの手先を直接持って操作できるようにするためには、手先が軽く、操作時には人の小さな力でも難なく手先の位置や姿勢を変えられる必要がある。我々は、この要求を鑑みて、パラレルリンクロボットに着目した。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓