デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 
小谷 卓也=日経エレクトロニクス
2013/01/16 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2008年3月24日号 、pp.98~99 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 「放電加工の時代は,じきに終わる」

 1972年。ジャパックスという放電加工機開発の会社に在籍していた戎は,こんな言葉に耳を疑った。

 すぐさま心の中で反論した。
「何を言ってるんだ」

†放電加工=放電エネルギーを利用して金属を削る,金属加工法の一つ。

技術を見通す「眼」を養う

 当時は,放電加工機の出荷台数が急拡大していた時代。放電加工に代わる技術が登場する時代が来るなど,戎にとっては頭の片隅にもなかった。

 この発言の主は井上潔。ジャパックス(当初の社名は日本放電加工研究所)を1953年に興し,世界初となる放電加工の実用機を開発した人物である。井上の下で働き,放電加工の研究開発に邁進していた戎には,放電加工機の生みの親である井上がなぜそう考えるのか,全く理解できなかった。

2006年12月にかながわサイエンスパーク(KSP)に建立された「放電加工機誕生の地」記念碑。
[画像のクリックで拡大表示]

 実は,井上という技術者の功績は,その世界では広く語り継がれている。川崎市にある,かながわサイエンスパーク(KSP)の片隅には,井上の業績をたたえる石碑が建てられている。数多くのベンチャー企業が入居し,国内最大級の規模を誇るインキュベーション(ベンチャー支援)施設として知られるKSPの敷地の一角には,かつて,ジャパックスが居を構えていた。つまり,ここが放電加工機誕生の地という歴史的事実を,今に伝える石碑である。

 日本初の大規模インキュベーション施設であるKSPの誕生にも,井上は深く関係している。ジャパックスが基金を出して設立した財団法人が,KSP設立の基となるサイエンスパーク構想の調査報告書を作成した。KSPの開設は1989年。井上は,KSPの運営会社であるケイエスピーの初代副社長にも就いた。

 その一方で井上は,生涯技術者として歩んだ。ケイエスピーの副社長の職と並行して,材料研究などを手掛ける会社を立ち上げ,2005年にその生涯を終えるまで,研究開発に没頭したという。

 ジャパックスで井上と行動を共にしていた戎は,一度,井上の下を離れた後,この材料研究の会社で再び合流した。そして最後まで井上の下で日夜研究に励んだ。戎が,井上を振り返る。「井上さんが言っていたことは,20~30年たつと現実になっている。放電加工の用途の一部はその後,切削加工などの他の技術に置き換わっている。井上さんは,技術の先の先を見据えていた。当時,井上さんは毎月一つ,思っていることを紙に書いて配ってくれていた。これを今になって見返すとビックリする。そのときは意味が分からなかったけれども,これから起こることを聞かされていたのだと…」。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング