• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス台湾・中国 中根レポート > シャープとQualcommの協業、得するのはどちらか?

台湾・中国 中根レポート

シャープとQualcommの協業、得するのはどちらか?

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2012/12/07 10:10
  • 1/1ページ
 シャープは、米Qualcomm社との共同開発、第三者割当による出資受入れを発表した。主旨は、1)同社のIGZO技術をQualcomm子会社のPixtronix社が手掛ける次世代MEMSディスプレイに応用し共同開発、2)2回に分けてQualcommから約99億円(1回目は約50億円、総発行済株式数の2.7%、1株164円)の出資を受入れる(2回目は条件付き)、3)出資金は次世代ディスプレイの開発用投資と経費に充当(場所はシャープ米子)、である。払込株価164円は3日の株価に対して4.7%のディスカウント。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓