家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

iPhoneがNFCを載せる日は?

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/11/26 09:44
印刷用ページ

 新しいiPhoneが発売される頃になると、必ずマスメディアを賑わすのが、iPhoneに搭載される新しい機能についての憶測記事です。その中で、必ずといって話題になるのがNFCのリーダー/ライター(R/W)機能の搭載です。最近発売されたiPhone 5でも、発売前には搭載を噂され、背面が金属であることが分かると、前面カメラの周辺に搭載されるのではないかという憶測が流れたりもしました。
 iPhoneにNFCが搭載される――。こうした話題が何度も持ち上がるのには、それなりの理由があります。まず、米Apple社が、NFC関連の特許をいくつも持っていること。例えば、iPhoneをコンサートの入場チケット代わりに使ったり、iPhoneを回すことでドアの鍵の開け閉めに使ったり、ギフト券を読み込んだりと、さまざまなシーンを特許化しています。2010年に電子決済の米mFoundry社に在籍していたNFCの専門家を雇ったというニュースや、2012年10月に指紋認証の特許を持つオーストラリア企業Microlatch社とNFC決済のために契約したとのニュースが流れたりしました。

 記者自身もある方から、「Apple社がIATA(International Air Transport Association)に出向き、NFCを使った飛行機の搭乗ができるように働きかけていた」という話を聞いたことがあります。こう見ていくと、どうやら本気でApple社は着々とNFC搭載に向けた布石を打っているようなのです。もはや、iPhoneがNFCのR/Wを搭載するか、しないかではなく、いつNFCを搭載するか、の問題だといえるでしょう。

 ではその「いつ」です。秘密主義が徹底しているApple社のことですから、正直なところ記者にはうかがい知ることができません。ただ、Apple社の場合、先進的なイメージを持っているものの、採用技術についてはその実用性を見極めたうえで、先端を走るのではなく、ある程度、周囲の状況を見ながら採用するところがあります。例えば、LTEでは、先進国でサービスが始まっていた2011年のタイミングではなく、エリアがある程度広がった2012年にiPhone 5で対応しました。

 NFCに関しては、日本国外ではまだ決済などのインフラとして十分浸透していないことから、もう少しNFCが社会のインフラとして浸透してからと考えているのかもしれません。また、あるブログ・サイトでは、Apple社がNFCの取り組む理由として、iPhoneのみならず、MacやiPadなどすべてにNFCのR/Wを搭載し、コンテンツの共有をワンタッチで、できるようにすることだと予測していました。そうであるなら、全機種をNFCに対応させる準備が整うまで少し時間が掛かるのかもしれません。いずれにせよ、次のiPhoneを楽しみに待ちたいと思います。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング