技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

AUOの3Q決算、粗利ベースで赤字脱却できず

中根 康夫=ドイツ証券
2012/11/02 00:00
印刷用ページ

 台湾TFT-LCD最大手の一角を占めるAU Optronics社(AUO)は2012年10月25日、同年第3四半期(3Q)の決算説明会を実施した。連結売上高は1027億8100万新台湾(NT)ドル〔対前年比(YOY)で4%増、対前四半期比(QOQ)で8%増〕、売上総損失は18億6200万NTドル(YOYで赤字縮小、QOQで赤字縮小)、営業損失は91億4700万NTドル(同)、当期損失は164億7900万NTドル(同)。売上総利益率は-1.8%(2Qは-3.3%)。営業利益率は-8.6%(2Qは-11.0%)。

 出荷数量は、大型パネルがYOYで12%増、QOQで5%増、中小型パネルがYOYで19%増、QOQで11%増。出荷面積は、5285km2(YOYで17%増、QOQで12%増)。平均単価(ASP)は全体が1m2当たり616米ドル(QOQで4%減)。在庫はQOQで7%減(2Qは508億4700万NTドル、3Qは472億9500万NTドル)、在庫回転日数は43日(2Qは49日)。

 アプリケーション別の売上構成比は、テレビ(TV)向けが46%(2Qは42%)、ノートブックPC(NB)/タブレット向けが19%(同20%)、モニター向けが15%(同17%)、コンシューマ向け(中小型)が14%(同15%)、その他が6%(同6%)。用途別の増減収率は、TV向けがYOYで1%増、QOQで10%増、NB向けがYOYで4%減、QOQで5%減、その他がYOYで4%減、QOQで横ばい、モニター向けがYOYで3%増、QOQで12%減、コンシューマ向けがYOYで14%減、QOQで1%増。

中小型パネル新機種の遅れが収益圧迫

 4Qの見通しにおけるポイントは以下の4点。(1)大型パネルの出荷数量はQOQで5%減程度、(2)ASPはTV向けのプロダクトミックスが増加することによりQOQで5%増程度の上昇を見込む、(3)中小型パネル出荷数量はQOQで8~9%減、(4)稼働率はQOQで若干の上昇。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング