• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント台湾・中国 中根レポート > AUO/CMOともに稼働率は9割近くに上昇

台湾・中国 中根レポート

AUO/CMOともに稼働率は9割近くに上昇

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2012/11/01 00:00
  • 1/2ページ

AUOの2012年9月の大型パネル出荷量はMOMで6%増

 台湾AU Optronics社(AUO)は、大型パネルの出荷数量が1180万枚と対前年比(YOY)で18.9%増、対前月比(MOM)で6.0%増。実需ベースでの生産を続けている同社も、実需回復に伴って稼働率の緩やかな改善基調が続き、その値は85%に達したと見られる。ガラス基板投入量は、第2四半期(2Q)の対前四半期比(QOQ)で14%増に続き、3QもQOQで10%増程度と2桁の伸びだったと見ている。2012年9月時点では3Qにおける同投入量はQOQで8%程度増を想定したため、実質上の上方修正となる。4QもQOQで横ばいから若干減程度の高水準の生産を続ける模様である。

 同社の同年9月の売上高は340億4100万新台湾(NT)ドル(YOYで9.2%増、MOMで0.1%増)とMOMではほぼ横ばい。連結ベースの売上高も359億5500万NTドル(YOYで9.2%増、MOMで2.4%増)とMOMで増収。3Qの連結売上高はYOYで4%増、QOQで8%増。同年1~9月の累計の連結売上高はYOYで4%減だった。

モニター用はMOMで1桁減

 2012年9月の同社の出荷量は、モニター用パネル全体で見るとMOMで1桁減、同年1~9月の累計ではYOYで1桁後半の減少とマイナス推移が続く。サイズ別では、20インチ以上のワイドパネルが合計125万~130万枚とMOMで若干の減少。9月は24インチと21.5インチがともに50万枚強と、最も出荷量の多いサイズとなっている。

NB用はMOMで横ばい

 ノートブックPC(NB)用の同社の出荷量については、2012年9月はMOMで横ばい、同年1~9月の累計はYOYで19%増と他社を圧倒し続けている。タブレット向けは25万~26万枚で、MOMでは9割増だが水準は低い。同年8月から出荷が始まるとみられていた米Apple社の「iPad mini」(7.85インチ、XGA)向けパネルは出荷が確認されず、同年9月にようやく若干の出荷が確認された。同社は蘇州(Suzhou)に専用のモジュールラインを設置済み。一般のNB用については、サイズ別に大きな変化はなし。

TV用はMOMで若干増

 テレビ(TV)用については、同社の推定合計出荷数量が2012年9月は300万枚と、MOMで若干増。しかし、同年1~9月の累計はYOYでは6%減と依然マイナス圏が続く。40/42インチは、合計で73万~75万枚程度でMOMで4割増。L8で生産している46インチが10万~11万枚で、MOMで3割増、55インチは7万~8万枚程度でMOMで3倍増。第6世代(G6)で生産する65インチは7万~8万枚とMOMで2割増。G7.5で生産する新サイズの50インチも、同年8月は20万枚に到達、順調に数量を伸ばしている。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ