技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

福州経済技術開発区

ふくしゅうけいざいぎじゅつかいはつく

2012/10/18 00:00
印刷用ページ

基本情報

住所 福建省台江区広達路141号 開発区レベル 国家級
面積 184km2 設立時期 1985年1月

誘致に関する情報

優遇条件 (1)製造系の外資企業に対し、生産/経営または他の所得は15%の税率で企業所得税を徴収する。
(2)外資企業に対し、地方所得税の徴収を免除する。
(3)港口、港町建設に関わる外資企業は、特別な特恵政策を享有する。
(4)本社登録資本増加のため、外国投資者は企業の所得利潤を再投資する場合、投資分利潤による税金の40%を返還する。
誘致希望業種 電子情報、食品加工、水産飼料、船製造、ハイテクノロジ
担当者からのPR 福州経済技術開発区は福建省の馬尾というところにあり、江の河口に面している。福建省の省都、福州市の水路による玄関口であり、福建省の南東部とつながる重要な枢軸の地でもある。

コスト関連の情報

一般職の給与目安 1500~2500元/月 管理職の給与目安 2500~4000元/月
オフィスの家賃目安 0.4 ~ 1.5元/m2/月 工場の家賃目安 0.2 ~ 1元/m2/月

交通に関する情報

最寄りの空港 福州長楽国際空港(開発区から47km、車で1時間)
最寄りの港湾 馬尾港(開発区から21km、車で45分)

外資の導入状況

外資企業投資総額13億ドル 外資企業数
日本企業投資総額 日本企業数
代表的な外資企業 JVC、エプソン、LG
代表的な日本企業 三菱、日立
代表的な中国企業福州統一企業有限会社
  • 本データベースの内容は、うるるから提供を受けています。
  • 各開発区の担当者にアンケートを依頼し、その回答結果を掲載しています。
  • アンケートは中国語で依頼、回答結果を中国語で受け取り、その結果を日本語に翻訳して掲載しています。正確に翻訳することを心掛けていますが、誤りがある場合があります。進出企業などの名称は、基本的には回答結果をそのまま掲載しています。また、回答結果から期間が経ってしまっていることもあり、各種の制度は変更している可能性があります。詳細に進出などを検討したい場合は、必ず回答内容を各開発区に確認してください。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
[クリックすると拡大した画像が開きます]
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング